MA(マーケティングオートメーション) | 一元管理がもたらすメリット3選

2017.9.6マーケティングオートメーション

MA(マーケティングオートメーション) | 一元管理がもたらすメリット3選

MA工数削減

MA(マーケティングオートメーション)ツールが業界を席巻していますが、いまいち具体的なメリットが見えないと思っていませんか?

「マーケティングが自動化されます。」とか抽象的なことを言われても、実感が湧かないし・・・。

機能の説明を延々とされても、確かに凄そうなことはわかりますが、メリット・デメリットを天秤にかけた時に、導入のデメリットばかり頭に浮かんでしまいます。

何となく良さそうなことは理解できてきたから、稟議を通すためにもズバッとメリットを強調して欲しい。

もし、あなたがそんなことを考えていたら今回のテーマはぴったりです。

今回は、マーケティングオートメーションを活用することで生まれる、3つのメリットをご紹介します。


1. 顧客行動履歴の一元管理によるメリット


B to Bマーケティングにおいて、リード顧客の管理をどのようにするのかは頭を悩ませるところです。

エクセルやスプレッドシートで管理しても、顧客の行動に合わせてすべてのデータを更新することは、ほぼ不可能ではないでしょうか?



それに、作業が煩雑になるほど、データの信憑性は低くなります。

マーケティングオートメーションツールを使うと、会社名や役職など見込客の属性情報に加えて、WEBサイトの閲覧やメールの開封・クリックといったリード(見込顧客)の能動的な行動情報を一元管理することができます。

あとは簡単です。

その情報に基づいて、リードひとり一人に、最適なマーケティング施策を実行すれば良いのですから。

例えば、メールアドレスを取得していないユーザー向けの施策といえば、従来はサイト来訪者へのリターゲティング広告が主でした。
MAツールならポップアップやプッシュ通知などを組み合わせることで、Web上での育成が可能となり、アンノウンユーザーの集客や育成の効率を高めることができます。


また、メールアドレス取得後は、従来はメールの一括送信が主な施策でした。
MAツールなら WEB 来訪履歴、資料 DL 履歴、メール開封・リンククリック履歴などに応じてシナリオメールを配信することができ、見込顧客のモチベーションに合わせてそれぞれに最適なマーケティング施策を選択することができます。

2. レポート一元管理によるメリット


さらに、広告運用におけるレポートの一元化もメリットの1つとして挙げられます。

従来は、広告レポート収集・マージ・分析はすべてマーケターの仕事でした。この業務は、本当に時間がかかる割に、成果に直結するようなものではありません。



テクノロジーの力で、何とかして欲しいと思っていた方も少なくないはずです。

MAツールの導入で取得したデータからレポートを作り、一元管理した上で分析に役立つデータの抽出も可能になり、分析のためのデータ出しという作業から解放されて、本来時間を割きたかった分析業務や次の打ち手を考案することに時間を使えるようになります。

さらに、アトリビューション分析も可能なMAツールの場合、施策毎(例:ネイティブアド・リスティング広告・ディスプレイ広告etc.)の成果計測も可能になります。

この分析機能を使うことで、例えば広告に以下のような効果があったのではないかと推測できます。

・興味を持つ起点となった。
・商品の理解促進に好影響を与えた。
・CV前のラストクリックを導いた。

このような効果がわかることで、収益最大化に繋がる予算アロケーションの最適化を図ることができ、自社の売上を伸ばしていくことができます。

3. 複数ツールを一元化することによるメリット


最後に挙げるメリットは、今まで使っていたあらゆるWEBツールをMAツールで代替することで、大幅なコスト削減や工数削減が望める点です。

マーケティングに関するWEBツールは、星の数ほどあり、テクノロジーの進化は早いものです。

あらかじめどんなツールが必要なのかを、未来に先駆けて見定めることは不可能でしょう。

もしかしたら実際は不要なのに、まだ費用を払い続けているツールがあるのではないでしょうか?

MAツールの費用感もまちまちですので、高額なMAを除いた場合・・・ではありますが、例えば、以下のようなツールをすでに導入していたとします。

・ステップメール配信ツール
・広告効果測定ツール
・アトリビューション分析ツール
・CRM管理ツール
・名刺管理ツール

・・・まず、それぞれの機能とコストを今一度確認した方が良いと思います。

もしMAツール の各機能で代替できるのであれば、一度見積もりを依頼することをオススメします。

ツールをMA一元化することで、コストと運用工数の削減が実現するかもしれません。

まとめ


今回は、MAツールの3つのメリットをご紹介しました。

まとめると、以下の3つです。
・顧客管理の一元管理
・広告運用の業務効率化と予算アロケーション最適化
・ツール一元化によるコスト削減

現在、もしご検討段階にある方は、お見積もりだけでも把握しておくと、今後の判断材料になります。

ぜひ、早めにどうぞ!

マーケティングオートメーション無料相談会
MAJIN資料請求MAJIN無料トライアル
ランキング
企業用LINEアカウント比較~4種類それぞれの特徴と違い~【2017年版】 1
マーケティングとは?~知っておくべき基礎知識~ 2
3分でわかるfacebook広告の仕組みと効果 3
3分でわかる!チャネルの意味と種類 4
【全員が副業を持つ時代?】アプリ開発ってどうやったら稼げるの? 5
【なぜ人はモノを買うのか?】経済学の間違いから抜け出す 6
【プッシュ通知】機能と仕組みと成功事例 7
本気で知りたい人向けのLINEビジネスコネクト活用術 8