【ムダづかいNG】リスティング広告代理店の選び方|7つのチェックリスト

2016.11.9リスティング広告

【ムダづかいNG】リスティング広告代理店の選び方|7つのチェックリスト

ウェブマーケティングFACEBOOKGoogleYahooリターゲティング動画広告DSPDMP

リスティング広告の運用は簡単ではありません。
通常業務の片手間でやっても、成果が上がらない、
あるいは成果があっても詳細を分析するには時間がかかるもの・・・

そこで、いざリスティング広告を代理店に頼もうとしても、
インターネットで検索すると数え切れないほど多くの企業があるので、
正直どこに任せればいいのかわからないですよね?

どの企業もコーポレイトサイトでは自社の良い面を前面に出しているので、
どの企業も良さそうですし、これといった決め手に欠けます…。

そんな悩みを解決していただくために、
リスティング広告代理店を選ぶ際の“7つのチェックリスト”を用意しました。

選ぶ基準を明確にし、良い代理店を選んで予算のムダづかいを避けましょう。

1. 【業界評判】は必須チェック


1つ目のチェックポイントは「業界の評判」です。

当然、大手企業であれば安心感はありますが、
大手だから成果が出せるとは限りません。

時間をかけてインターネットを検索すると、
他社のブログで紹介されている良い評判や、
過去の悪い評判などが見つかります。


ネット情報を鵜呑みにしてはなりませんが、
参考程度に情報収集することはオススメします。
また可能であれば、
業界に詳しい人にアドバイスを求めるのも方法の一つです。

2. 目的から選ぶ【リスティング専業か?Web広告全般か?】


2つ目のチェックポイントは、その代理店がリスティング広告専業なのか、
それとも広く様々なインターネット広告を扱っているのかといった点です。

前者であればリスティング広告に特化しているので、
リスティング広告の専門知識を有していたり、
高い運用力を持っている可能性があります。

Web広告全般の様々な提案が欲しいのであれば別ですが、
リスティング広告で成果を上げたいのなら、
主要事業をチェックするのは一つの手です。

ただ、専業は良くて専業じゃないとダメといった話ではないので、
このチェックポイントは決定的なものではありません。

3. 運用実績という【結果事実】をチェック


3つ目のチェックポイントは、運用実績です。
コーポレイトサイトに運用社数や、
開示している運用実績があれば詳細を確認しましょう。

ちなみに、広告代理店の中には、
Google・Yahoo! に認定を受けている企業もあります。
これは過去の実績がGoogle・Yahoo! に認められた証明なので、
リスティング広告代理店の選定の際、一つの参考情報にすると良いでしょう。

4. ブログチェック【自社ビジネスとのマッチングはどうか】


4つ目のチェックポイントは、ブログです。
リスティング広告代理店の中には、
自社のノウハウをブログで発信している企業もあります。

専門知識の詳しい部分までわからなくても、ブログを読むことで、
どのような考え方でリスティング広告を運用しているのかがわかりますし、
どんな人が運用担当なのか?どんな企業文化を持っているのか?
といったことを知ることができます。

5.どうやって成果をあげるか?提案内容をチェック


5つ目のチェックポイントは、ずばり直接会ってもらう提案内容です。

自社の状況を開示できる範囲で話した上で、
どのようなプランで成果を上げていくのかを、
担当者の提案内容からチェックします。


その時に、料金体系や契約までの流れといった
「どうやって実施するか?」の部分ではなく、
「どうやって成果を上げるか」の改善プロセスを聞きましょう。

「どのくらいの期間で、どのくらいの予算をかけて、
どのくらいの成果を目標とするのか」といった点を深掘りして聞くと
担当者の答えからその代理店の力量がイメージできます。

6. 「あの代理店は、XXXの業界に強いよ」同業他社にヒアリング


6つ目のチェックポイントは、同業他社の評判です。

Web広告の運用方法は商材によって大きく異なります。
そこで、もし同業他社にコミュニケーションが取れる人がいるなら、
候補に挙がっているリスティング広告代理店の評判を
ヒアリングするのも一つです。

たとえば「あの代理店は、XXXの業界に強いよ」といった生の声を聞き出せたら、
選ぶ際に大きな判断材料になるでしょう。

7. まずは少額で成果をチェック


最後のチェックポイントは、トライアルの成果です。
つまり、実際にリスティング広告の運用を任せてみて、
成果を見て判断するという方法です。

その際、まずは実力をチェックするために少額で実施してみましょう。
ただ、運用型広告の成果を見るためには、ある程度は予算が必要です。
たとえば数万円程度で実力を見ることは難しいので、
そこは担当者と話し合いながら適切な予算を用意しましょう。

まとめ


多くの中からリスティング広告代理店を1社選ぶことは、
決して簡単ではありません。

しかし、時間をかけて情報を集めつづけるわけにもいかないので、
今回ご紹介した7つのチェックポイントを参考に、
最後は慎重に選んでくださいね。

また企業の違いもありますが、
担当者によっても成果は大きく変わる可能性があります。

もし契約後に不満があれば、
失礼のないように担当者の変更を申し出ることも
視野に入れておいた方が良いかもしれません。
(一からまた企業を選ぶのは大変なので、頭の片隅に入れておいてください。)

マーケティングオートメーション無料相談会
MAJIN資料請求MAJIN無料トライアル
ランキング
企業用LINEアカウント比較~4種類それぞれの特徴と違い~【2017年版】 1
マーケティングとは?~知っておくべき基礎知識~ 2
3分でわかるfacebook広告の仕組みと効果 3
3分でわかる!チャネルの意味と種類 4
【全員が副業を持つ時代?】アプリ開発ってどうやったら稼げるの? 5
【なぜ人はモノを買うのか?】経済学の間違いから抜け出す 6
【プッシュ通知】機能と仕組みと成功事例 7
本気で知りたい人向けのLINEビジネスコネクト活用術 8